コストを考えれば業者へ

広告

家庭や企業にあるプリンターで、一斉に大量に配るチラシやDM葉書の印刷をするには時間も手間もかかり、不向きです。その点、印刷所の印刷機は大量生産に適していて早くきれいに最後の1枚まで仕上がります。そのうえ発注がインターネットを通じて可能になっているので、コストも抑えられるようになっています。

宣伝ツール依頼のポイント

印刷

チラシは宣伝効果を高めるために、デザイン入力工夫する必要があります。ネット通販型の印刷サービスを利用すれば、宣伝効果の高いデザインのテンプレートを利用することができます。その結果、多くの集客につながるメリットを享受できます。

パンフレットの作り方

冊子

パンフレット印刷はネット通販サービスなどを利用すると、簡単に作成できます。その作業の流れとしては、まずレイアウトを作るためのデータを用意します。パンフレット印刷はDTPによってデザインデータを業者が作成します。そのためには、まず文字のテキストデータが必要です。そして挿入する画像やイラストなどがあれば、そのデータも用意しておきます。撮影した画像データや、レタッチソフトを使用して作成したイラストデータなどになります。イラストデータなどは、業者によって扱うファイルの種類が異なるのでチェックしておく必要があります。それらのデータを印刷会社に渡すわけですが、従来の印刷会社ならば営業マンに直接渡します。ネット通販型の印刷サービスならば、サイトからアップロードする形で入稿します。またネット通販型の印刷サービスの場合、業者のサイトからユーザーが直接デザインできる場合があります。このようにレイアウトも自分で考えてデザインデータを作っておけば、パンフレット印刷はすぐに取りかかれることになります。オンデマンド印刷を利用するのであれば、さらにスピーディに作業が進むので納品も早く行われます。パンフレット印刷は印刷作業が終われば、次に断裁を行い、ページがきちんと揃うように重ねられた上で折りと綴じといった作業が行われます。これは業者が違ってもみな同じ形で作業が行われるものです。そして完成した後は、ネット通販サービスならば送付されて手元に届きます。

DMは郵便物が根強い人気

葉書

インターネットが普及しても販促用の郵便物は根強い人気があります。特に圧着ハガキは、送料が安く記載できる情報量が多いです。封書と比べても圧着ハガキの開封率は高く、プライバシーの関係する内容を内側に書き込むことも可能です。大量発送の場合は、印刷から発送までを業者に依頼することでコスト削減が出来ます。